熊本 本妙寺公園にて

熊本城を望む、本妙寺公園。
加藤清正公の立像は、何も変わりありませんが、
九州新幹線沿線の住宅には、ブルーシートがかけられている部分が、まだ所々あります。
本妙寺公園
2016年8月下旬撮影。写真は拡大します。

遠いですが、「元気に!九州」ラッピングの800系。
本妙寺公園
この日は、「つばめ335号」に充当されていました。
地元の方によると、ここで高確率で上り「つばめ338号」が、すれ違うそうです。
この日は、画面のすぐ右側ですれ違いました。
そのおかげで、ラッピング編成が6両隠れずに写っています。


徐行区間が残る、宇土の方に行ってみて、最近の新幹線の構造物が、地震に強いことを再認識しました。

花火

昨夏、初めて大曲の花火を見て、感動のあまり涙目になりました。

大曲の花火は、日本三大花火大会の一つですが、長岡花火を日本一に挙げる人が少なくありません。
共に、新幹線の駅が最寄り駅です。

新幹線が近いといっても、写真にできるかは、難しいところ。
長岡花火
動画からの切り出し画像です。
大曲の時より、さらに遠くから見物することになりました。

これまで知識がなく、分からなかったのですが、長岡の花火はスケールが違います。
写真では大きさが伝わらないと思うので、動画で。

上の動画は、濃尾大花火で、20号が最後に打ち上げられます。

長岡の花火は、この動画のようなスケールの大きい花火が、9か所同時に打ちあがる時間帯が何度もあります。
さらに大きい、正三尺玉も打ち上げられます。

しかしながら、上越新幹線は、1時間当たり1~2往復の運転。
何度もある花火の盛り上がりのタイミングとは、一致しませんでした。
上の動画は、運転本数が多い東海道新幹線だから、列車と花火が同時に写っています。

花火のプログラムの進行が大きく変わるか、新幹線のダイヤ改正か、どちらか待ちです。。。

続きを読む

新庄駅

昨年8月、新庄駅にて。
新庄
新庄まつりの飾りつけと共に、いろんなディスプレーがありました。
銀の「つばさ」では、ここまで車体の存在感は出ないと思います。
こういう場合は、カラフルな車両がありがたいです。

いつまでも、残ってほしい有人改札。
新庄

N700S

N700Sのニュースリリースの、前部標識灯がないイラストを見て、
N700系デビュー前、Z0の試験走行時、一時期ついていた標識灯を思い出しました。
N700
ニュースでは、N700Sが6代目説と7代目説の両方ありましたが、
0・100・300・(500)・700・N700・N700A・・・8代目かも?
カレンダー
08 | 2016/09 | 10
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
リンク
プロフィール

Author:Toshi
前のblogから引越しさせた記事(2007年8月10日より前)は、時系列になっていません。

本家ホームページはこちら→

最近のコメント

最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
楽天
リンク
RSSフィード