鉄道動画撮影に、ZOOM H1 ハンディレコーダー

鉄道の撮影で、撮影場所の制約から、ビデオカメラとスチルカメラを並べて使う場合、
動画に入るシャッター音が、悩みの種でした。

そこで、指向性が高い、ショットガンタイプの外部マイクを検討したのですが、
カメラから離れた場所に、ICレコーダーを置いて録音する方が確実です。

お手軽価格で、人気が高い「ZOOM H1」レコーダーにしようと思い、
野外での使用例の動画が無いか、検索したのですが見当たりません。

実際に使ってみることにしてH1を購入し、
使用レポートの動画を作成しましたので、参考にしてください。
ヘッドフォンで音を確かめていただくと良いと思います。



撮影の状況ですが、ウインドスクリーン(ジャマー)は、必須です。
ZOOM H1
微風なら、まず問題ないです。
この写真は三脚に付けていますが、地面に置くことがほとんどです。
カメラから離れた所に置いていると、忘れ物だと勘違いされますので要注意です。
(もうすでに、数回あります)

ビデオカメラは、Canon G10で、
編集の際に波形を見ながら、音を同期させています。

Amazonのリンク


ウインドスクリーンのセット商品もあるようですが、単品は下記です。



今回の動画には、風の強い日はありませんが、ビデオカメラにはお手製のジャマーを装着。
G10
100円ショップのイヤマフラーの耳に当たる部分を改造。

動画の最後にEOS7DMarkII+オーディオテクニカのAT9941も収録しました。
音質の違いにも注目してください。
AT9941は、付属のジャマーを装着して撮影しました。
EOS
Amazonのリンク

背面液晶画面

Canon EOS 7Dの、2台目を購入しました。

他の方の所有機を見て、もしかしたら・・・と、思っていましたが、
背面液晶画面の色再現には、個体差があるようです。
7D
左下が今年購入した7D、右下が新発売直後に購入した7D。
(上は、60Dで、レンズの焦点距離が違います)

肉眼ほど違いが写らないのですが・・・
ホワイトバランスやピクチャースタイルを、
いじり倒す撮影では、ちょっと困ってしまうほどの違いです。

一番後に購入した7Dが、アンバー系に偏って見える感じです。
見た目を、1台目の7Dに揃えようとすると、
7D
Mは、振りきりの9。Bは、5と言うところでしょうか。

液晶の解像度は十分なので、後継機には、
安定した色再現を望みたいです。

パンケーキレンズ

キヤノンのパンケーキレンズ、EF40mm F2.8 STM。

前玉が小さいです。
レンズ
左が旧タイプの、EF35mm F2で、これをフェンス抜きに使っていたのですが、
右の40mmは、さらに小さいです。

描写は、開放から解像感が高く、デジタル時代のレンズと言う感じ。
大阪
1/40 f2.8 ISO800。7D使用。写真は拡大します。

わざと暗いところで使いたくなります。
大阪
実売2万円以下のレンズなのに、3月23日まで、
5000円のキャッシュバック対象のレンズです。

フェンス抜き用はもちろんのこと、
もしもの時用に、ポケットに入れておけそうなレンズです。


スマホのアプリ

新幹線の撮影でいつもお世話になっているのが、
OuDia(おおゆうだいや)です。
ホームページはこちら→OuDiaのホームページ

自分で、時刻表を入力しているので、ダイヤ改正のたびに、
事前の準備に時間を要します。

最近、スマホを使うようになり、お世話になり始めたアプリが、
「いまどこ?鉄道マップ」→GooglePlayページ
(Andoroid版のみのようで、新幹線は無料版でOK)

こちらは、時刻表通りなら列車がどこを走っているか、
アプリが地図上にリアルタイムで表示してくれます。
楽チンこの上なしです。
N700A
静岡県内での使用感は、
お盆休みの、数分の遅れが出やすい時期だったので、
参考意見として頂きたいのですが、
少々ずれがあるものの、ほぼ現実どおりの表示。

時刻表通りの定時運転ならどこを走っているかの表示なので、
回送列車は表示されませんし、明らかに遅れて来た列車などは、
現実と違うことになりました。

上の写真の場所は、脱線防止ガードの工事のためか、
黒いLCXケーブルが、地面に下ろされていました。
スローシャッターで、支柱を消すと、こんなにすっきりとした画に。

写真は下り列車です。
まず上りのN700Aを確認し、折り返してくるのは何時頃か??は、
OuDiaで自作したダイヤグラムと時刻表でチェックしました。

次に、、、
N700
岡山・広島県内の使用感は、若干違います。
スジを引いてみたことがある方なら分かると思いますが、
300キロで走る「のぞみ」や「みずほ」は、停車駅から離れた区間ではスジが立ちます。

「こだま」が、500系と700系になってさらに顕著になった気がしています。
よって、アプリの表示より早く現れる「のぞみ」「みずほ」「さくら」は、多いです。
そのことを頭に入れておくと、さらに使えるのではないでしょうか。
また、臨時列車は、すべてが表示されるわけではないようです。

上の写真は、千種川で、
日の出・日の入りの方向・時間を、地図上に表示してくれるアプリ(何種類かあります)
で、予想はしていましたが、
酷暑の中あちこち撮影した、最後のご褒美のような夕焼けでした。
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
リンク
プロフィール

Toshi

Author:Toshi
前のblogから引越しさせた記事(2007年8月10日より前)は、時系列になっていません。

本家ホームページはこちら→

最近のコメント

最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
楽天
RSSフィード