FC2ブログ

新幹線が見える宿 その14 つづき

新幹線が見える宿のパート14でご紹介した、新函館北斗駅に隣接する
ホテル・ラ・ジェント・プラザ函館北斗

今回は、「レイルビュー確約プラン」と反対側のお部屋です。
今年(2020年)1月撮影です。
新函館北斗
超暖冬で雪が積もっていません。

新函館北斗駅と北斗市観光交流センターが一体化した建物の向こうに
建設中の北海道新幹線が見えます。
新函館北斗
山のふもとの白っぽい建物付近がトンネル工事の坑口。
延伸工事完了後は、新幹線の姿が見えそうです。

今は、すでに完成している防音壁の向こうに在来線が走る姿が見えます。

新幹線が見える宿 その15

久々に「新幹線が見える宿」のお時間がやってまいりました。
このブログの更新も、久々です・・・

今回は、鹿児島中央駅に隣接する「ホテルアービック鹿児島
ホテルアービック鹿児島
新幹線の改札口から、コンビニ前・レストラン街を通りぬけて約3分でホテルフロントに到着します。
ビックカメラ側です。

今回お世話になったのは、桜島が見えるプランの部屋で、13階。
ホテルの中で最も駅に近い側の部屋から2~3部屋目くらいです。
ホテルアービック鹿児島
観覧車の向こうが桜島。12月の日の出方向は写真の通りです。
新幹線の車両自体は、屋根の隙間から見える程度。
駅から離れた部屋だと、桜島はもっとすっきり見えるかも?

トレインビューのプランもあります。今回は、反対側の部屋なので、
エレベーターホールの窓から。
ホテルアービック鹿児島
鹿児島中央からすぐにトンネルで、手前に高いビルもあり、
列車が見える範囲は、そんなに広くありません。

開業当時と違い、鹿児島中央の新幹線ホームから見る桜島は、
ビルの隙間から少し見える程度になっています。

楽天トラベルのリンク

新幹線が見える宿 その14

新幹線が見える宿のパート14になりますが、撮影向きではありません。

今回ご紹介するのは、新函館北斗駅に隣接する「ホテル・ラ・ジェント・プラザ函館北斗」。

「レールビュー確約プラン」ですと、最上階の線路に最も近い部屋が確保できます。
エレベーターホールからでも同じ風景を見ることは可能です。
なのですが、カードキーがエレベーターの停止階指定カードにもなっているので、
確実なのは、上記のプランだと思います。
IMG_2821.jpg
北海道の宿のためか、窓は最小限の大きさで、ガラスは厚めで、開きません。

夜明けの風景。手前の立体駐車場の照明のゴーストが少し写っています。
IMG_2825.jpg
新函館北斗駅周辺には遮るものがなく、極端に言えば地平線付近まで見えるので、
都会の高層ビルの景色のような爽快感があります。

新幹線の線路の向こうの、在来線の貨物列車です。
IMG_2827.jpg
1時間に1往復あるかないか、の、北海道新幹線なので、新幹線の方は部屋では撮影しませんでした。

ホテルの施設として、天然温泉大浴場があるのがありがたいです。
露天風呂なら、駅の放送が聞こえます。
列車時刻を把握していないと、本数が少ないので聞こえませんが…

新幹線が(少し)見える宿

久々の新幹線が見える宿ですが、タイトルの通り、少ししか見えません。

新白河駅前に立地する東京第一ホテル新白河です。
駅の真横なので、見えそうで見えません。
新白河
7階の部屋で、ホームとほぼ同じ高さ。

廊下から、窓越しに東京方向。
新白河
下に、駅入り口が見えます。

もう少し、アップで
新白河
昨年(2018年)年末の撮影で、雪が積もっています。

さらに、ホーム部分に寄ると
新白河
かろうじて見える・・・と、言うところです。

駅周辺に飲食店が少ないので、1階にレストランがあって、助かります。



カレンダー
02 | 2020/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
リンク
プロフィール

Toshi

Author:Toshi
前のblogから引越しさせた記事(2007年8月10日より前)は、時系列になっていません。

本家ホームページはこちら→

最近のコメント

最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
楽天
RSSフィード