FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ミニ新幹線

新幹線の魅力をお伝えするページを制作する身としては、ネガティブなことを書くつもりはなっかたのですが、「鉄道ファン」9月号の新在直通・ミニ新幹線の山之内氏の記事を読んで気持ちが変わりました。

整備新幹線のことです。

東海道新幹線の成功があまりにも偉大で、想像し難い事なのですが・・・メインターミナルを除けば、新幹線の駅といえども、夜9時を過ぎると人通りは少なくなり、駅前の商店はほとんど営業終了です。
最近の駅は、地元物産コーナーとパークアンドライド用の無料駐車場だけ・・・が多くなっています。

首都圏内の本庄早稲田は、もう少し芽が出るかと思いましたが、やはり駐車場だけ。栗東に駅ができたら同じことになるでしょう。

これは、フル規格か、ミニ新幹線かフリーゲージトレインかに関係ありません。

長崎新幹線はやめてほしいと思っています。

今、新しく新幹線を作るには、並行在来線がJRから経営分離されることになっています。
今から出来る新幹線は、確実に並行在来線をダメにします。これは、北の端から南の端まで、新幹線を見てきた実感です。

具体的には、九州新幹線が博多に接続し、東北新幹線が青森まで延伸したら、そこで一旦建設はストップ。

根本的に何が問題かと考えた結果・・・飛行機なのか新幹線なのか高速バスなのか、DMVなのかLRTなのか、コミュニティーバスなのか乗り合いタクシーなのか、その地域で何が最適な交通体系なのか、判断する組織や人がいないことだと思いました。

空港にしろ、高速道路にしろ、新幹線にしろ、それを作ることを仕事にしてきた方々が存在する以上、作ろうとする圧力は掛かり続けます。

一方で、国と地方が、額が大きすぎて実感できないほどの財政危機にあることは、われわれは既に知っています。

20年前の国鉄のような問題に直面するのは今の子供たちになると思うのですが・・・。

「鉄道ファン」の記事には私の写真も使って頂いてますので、一度ご覧になって下さい。
新水俣付近
↑九州新幹線と薩摩おれんじ鉄道。普通列車はディーゼルですが、貨物は電気機関車が牽引しており、架線は残っています。(二つの列車は合成)

鉄道ファン 2007年 09月号 [雑誌] 鉄道ファン 2007年 09月号 [雑誌]
(2007/07/21)
交友社
この商品の詳細を見る
スポンサーサイト

風防

新幹線のムービーの撮影にはSONY HDR-SR1を使っています。

5.1ch録音が可能ですが、撮影は例外なく屋外なので少し風があると雑音が入ってしまいます。
最初は、ハンカチでマイク部分を覆ってみましたがほとんど効果なし。
ガンマイク用の風防は市販されているのですが、合うものがなく、いろいろ検討した結果、自作しました。

100円ショップで冬用のイヤーマフラーを購入。耳当ての部分だけ取り外して、ヘアゴムの輪で落ちないよう固定して完成です。当然、両耳分あるのでスペア付です。

これで、かなりの強風でない限り風の雑音は入らなくなりました。

もともと撮影対象が轟音と共に走り抜ける新幹線ですから、マイクをふさぐことに不安はありません。が、小さい音が消えてしまうこともありません。ただ、セッティングにあせっているときに、付け忘れることがしばしばです。。。
SONY HDR-SR1

新幹線が見える宿 その6のその2

宿 その6でご紹介した「ホテル エトスイン博多 」に再びお世話になりました。今年5月の画像です。
ホテル エトスイン博多

これは合成でなくて、100系「こだま」と787系「有明」が同時に博多に到着しているところです。
九州新幹線を迎えるための駅工事は着々と進んでいます。
前にも書きましたが、部屋からの撮影でなく共同スペースですのでご留意を。
楽天トラベル→ホテル エトスイン博多

新幹線が見える宿 その6

次にご紹介するのは「ホテル エトスイン博多」。

新幹線ファンのビジネスマンの皆様。博多出張ならこちらです。
博多駅からすぐ=空港にも近いです。

お世話になったのが3年ほど前。九州新幹線乗り入れも関連して、博多駅周辺は変化が激しいと思われますのでご留意下さい。

少しマンションのようなイメージの建物で、公共スペースのテラスのようなところから撮影しています。これまでご紹介した宿は、浴衣姿で自室で撮影可能でしたが、こちらは他の宿泊客の目に触れます。

掲載した写真は、3本の列車を合成しました。500系「のぞみ」と白い「ソニック」は1分違いの発車です。「リレーつばめ」は、小倉方面から来る列車が朝に2本あり、「のぞみ」VS「つばめ」といったところです。

新幹線は駅が近いので右側通行する列車もあります。個性的なJR九州の車両が頻繁に通りますので、飽きることがないのですが、場所的に、長居すると怪しい人に映るかもしれません。

ホテル エトスイン博多

楽天トラベル→ホテル エトスイン博多

新幹線が見える宿 その5

次にご紹介するのは「ビジネスホテル 稲穂 」。(ホテル独自のHPは無いようです)

新幹線ファンのビジネスマンの皆様。名古屋出張ならこちらです。

出張帰りに、予定が延びて指定券が取れず、泣く泣くグリーン席で帰宅した経験をお持ちの関東在住の方は、いっそ、こちらに宿泊して朝一の新幹線で帰ったら、出勤時間に間に合うのでは?

ホテルのフロントから新幹線改札口まで、1分ほどです。

窓から手を伸ばせば車両に届きそうな立地なので、広角レンズが必要です。名古屋駅の向こうに見える、JRセントラルタワーズは左がJR東海本社の入るオフィスタワー、右が名古屋マリオットアソシアホテル。タワーズの最上階まで、広角レンズでも写しきれません。
ビジネスホテル 稲穂

3年ほど前はオフィスタワーの51階が展望施設でしたが、今はJR名古屋タカシマヤの「パノラマサロン」になっています。

当時撮影した写真を参考に掲載いたします。手前に写っているのはアソシアホテルの建物です。↓南北方向とも新幹線が見えていたので、アソシアホテルに宿泊すれば、建物が円筒形で、部屋が限られるかもしれませんが撮影が可能かもしれません。(未確認です)
タワーズ 51階

こちらにお世話になった際、部屋に小さいブロワーを忘れてチェックアウトしてしまいました。ごみと思われても仕方ない物なのに、ちゃんと取って置いて頂いた、思い出があります。

楽天トラベル→ビジネスホテル 稲穂
楽天トラベル→名古屋マリオットアソシアホテル

新幹線が見える宿 その4

今回ご紹介する宿は「オークラ アクトシティホテル浜松」。



浜松駅の北に建つ客室32~44階の高層ホテルです。建物が、矩形でなくやや楕円形をしているので、線路側の部屋と指定しても微妙に撮影可能範囲は変わりそうです。

有料の「展望回廊」がありますが、2月1日から土日は休業になりました。(祝日は営業)

こちらにお世話になったときは、天候が今ひとつ。車両の屋根の上に、1~16までの号車番号表記があることに初めて気づきました。JR東海の700系と300系は黄色の文字、JR西日本の700系は黒(グレー?)文字、500系は白文字です。

楽天トラベル→オークラアクトシティホテル浜松(オークラホテルズ&リゾーツ)

屋根が汚れていて見辛いですが、東京寄り先頭車なので「16」の文字があります↓

オークラ アクトシティホテル浜松

カレンダー
07 | 2007/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
リンク
プロフィール

Toshi

Author:Toshi
前のblogから引越しさせた記事(2007年8月10日より前)は、時系列になっていません。

本家ホームページはこちら→

最近のコメント

最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
楽天
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。