お別れ

0系の引退が、来年の11月と発表されました。

基本設計は40年以上前。
昔の仲間たちは、博物館入りしています。

今週、新大阪で見たR63編成。
広島行きとして折り返すので、前照灯に赤色のレンズがかぶさって、尾灯に替わる途中です。
新大阪
バードストライクが原因と思われる塗装の亀裂部分から少し錆が出ていました。
最後まで、美しい姿で活躍し続けてほしいと思います。

新幹線が見えるスキー場

スキー、あるいはスノボをするなら、新幹線が見えるところがいい。
と、普通では考えられない動機で出かけたスキー場をご紹介します。

以前、新幹線が見える宿の中で越後湯沢の「御湯宿 中屋」さんを紹介しました。
そこから歩いてでもいける「湯沢高原スキー場」です。
湯沢高原
画面中央を、左右に横切るのが上越新幹線。
右端に見えているのは越後湯沢駅の屋根の一部です。

コース下部の「布場エリア」でも新幹線が目の前を走っています。
この写真は上部の「高原エリア」。
3シーズンほどの前の写真なので、状況は変化している可能性があります。

たぶん「コマクサコース」(記憶が曖昧です)あたりで見ると
湯沢高原
ダイナミックな景色です。

新潟方面と、ガーラ湯沢方面の両方の列車が見えます。
上段を走る本線(つまり新潟方面)の列車の方が写真的には良いと思います。

これだけ遠景になると、雑誌見開きぐらい拡大しないと車両が小さくてわからないですね。

越後湯沢には日帰り温泉施設が複数あり、アフタースキーにぴったりです。
もちろん中屋さんとセットなら言うことなしです。

東北新幹線開業記念きっぷ

今年は東北新幹線(大宮)開業25周年。

記念きっぷをお借りしましたので、ご紹介します。

盛岡↓
盛岡

きっぷの裏は、当時12両編成だった200系の解説。

大宮↓
大宮

西口は、まだ普通の住宅地です。
きっぷの裏は、駅の図面と共に「リレー号」の編成図も。

那須塩原↓
那須塩原

在来線と反対側は、普通の農地です。
きっぷの裏側は、やはり駅の図面。

小山も宇都宮も、同様に表は空撮写真で、現在の町並みとはかなり違います。
歴史的にもかなり貴重な記念きっぷだと思います。

乗り放題

この週末から、各社の年始の乗り放題きっぷが発売になります。

JR東日本の「正月パス」は、「土日きっぷ」の値段以下で「三連休パス」同様の使い方ができます。
「新幹線スタンプラリー」を、観光抜きなら1日で6エリア達成可能かもしれません。

JR西日本の「年末・年始 西日本乗り放題きっぷ」は、元旦1日のみのほか、大晦日と元旦に使えるタイプがあり、新幹線(東日本以外の)全形式乗り・撮りつぶしは楽勝と思われます。

残念ながらJR東海の「新春 こだま&ワイドビューフリーきっぷ」は、「こだま」しか利用できず、移動距離は限られます。

今シーズンは、北へ行けば雪景色が待っているでしょうし、山陽の2008年新大阪発下り一番列車は500系です。
どちらも魅力的・・・

過去の「正月パス」。最初は2日も使える設定でした↓正月パス

記録写真

500系の10年の歴史を振り返って、過去の写真を調べてみて気付きました。

車両のアップばかり追っていて、記録重視の写真がありません。
1本のフィルムには、「ウエストひかり」や「グランドひかり」と共に500系も写っています。
でも、一枚の写真には収まっていないので、500系単体アップの写真では、10年前でも現在でも変化のない写真になってしまいます。

ホームでの一見何気ないスナップでも、時間が経てば記録としては十分です。

今更ですが、もうちょっと記録性を重視した写真も押さえていきたいと思います。
↓「ウエストひかり」が500系「のぞみ」を退避中。
小郡

マグレブ

中国上海の磁気浮上式列車(Maglev)の画像を頂きましたのでご紹介します。

maglev

日本では、地下鉄でリニアモーターが使用されている路線があります。
通常の鉄道と同じく鉄の車輪に鉄のレールで、
モーターを二分してレールの間に長く広げて敷設し、動力を得るかたちです。

空港と市街を結ぶ予定が、
用地買収の関係か中心街まで到達できていないようで、東北・上越新幹線の建設経緯を連想します。
maglev

その姿は、2点間を結ぶ磁力式ケーブルカーといったところでしょうか。
ちなみに、利便性から、観光客以外はタクシー利用の空港アクセスが多いとのこと。
マグレブは速くても、地下鉄に乗り継ぐ必要があるからです。

日本の浮上式リニアで現実味があるのは東京~名古屋間でしょうか。
ちょっとネガティブな書き方になりますが、実際乗車するのも、建設費の負債を背負うのも、我々の子供たちになると思っています。
カレンダー
11 | 2007/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
リンク
プロフィール

Toshi

Author:Toshi
前のblogから引越しさせた記事(2007年8月10日より前)は、時系列になっていません。

本家ホームページはこちら→

最近のコメント

最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
楽天
RSSフィード