FC2ブログ

歯止め

0系新幹線、運転室に面したデッキの窓から撮影。
歯止
手歯止(ハンドスコッチ)、車なら輪留めと呼ばれるものです。
車庫等で、留置される時などに使われるものですが、
塗装が剥げ、木製の地がむき出しで、削れて形が少し変わっているようです。

現在、0系は3編成が最後の活躍を続けています。
これはそのうちの、R61編成のものです。
R68編成のも見ましたが、削れてしまうほどではありませんでした。

いずれにせよ、まだ現役であることと、
長く使われてきたことの、証だと思います。

車庫では、運転士の方が、歯止めを掛け外しするものと想像しますが、
現場は見たことがなく、確言できません。

出発前に、線路に降りて確認作業をされているところ、は見たことがあります。
博多南
車両の大きさが分かるショット。

現在の新しい新幹線電車は、そもそも、手歯止を使わないのかも?
カレンダー
08 | 2008/09 | 10
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
リンク
プロフィール

Toshi

Author:Toshi
前のblogから引越しさせた記事(2007年8月10日より前)は、時系列になっていません。

本家ホームページはこちら→

最近のコメント

最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
楽天
RSSフィード