N700系7000番台

2年後には、「さくら」でデビューしているはずのN700系7000番台。
山陽新幹線で試運転中です。

先週は、朝 博多からやって来て、昼間は新大阪~岡山間を往復し、夕方帰還。
今週は、博多~新大阪を往復しているようでした。
(ダイヤからの推測です)

さくら
千種川で、夕日の撮影をしていたら、やって来ました。
新大阪~岡山間往復のダイヤの場合、
昼間の撮影チャンスは、500系(V&W)より多いようです・・・
時代の変化を感じずにいられません。

車体の塗装色が、微妙な色合いで、
各鉄道雑誌を見比べてみると、色再現がまちまちで、
どの雑誌がカラー管理がしっかりと成されているか、
よく分かる車両です。

実物は、「天候によって印象が変わる薄い水色」でしょうか?
言葉での表現は難しいです。
さくら
↑夕方なので、運転室窓付近は少しピンクに染まっています。
試運転を開始して時間が経ち、先頭部分や屋根は、汚れが目立ってくる頃です。

撮り直しが出来ると思って、無茶な手法で撮影するため、
上の様な写真になってしまいました。
また再挑戦します。。。

訂正です

先日の記事「使うためのデザイン」を訂正させていただきます。

800系「つばめ」の、
「運転室窓まわりは、どこから見ても角張った感じをあたえない」
ために、黒色に、

屋根は、「雨の日に架線から落ちてくるサビの色が目立たない」
「古代漆色」に塗られました。


ぼくは「つばめ」のデザイナー」に、書いてありました。
黒色については、上記の理由です。すみませんでした。

↑JR九州商事では、サイン付きで販売中。

2004年の出版なので、800系「つばめ」が
2005年のローレル賞とグッドデザイン賞に
輝いたことは書いてありません。
つばめ
↑客室窓に簾(すだれ)ブラインド。
つばめ
↑ローレル賞エンブレムのアップ。
2007年撮影で、U006編成です。

本は、大人も楽しめるのはもちろん、
やはり子供に薦めたいと思います。
世界を股にかけるデザイナーに育つかも?

さくらんぼ

山形新幹線と「桜」は、よく絡んでくれますが、「さくらんぼ」はどうか?

骨格だけのビニールハウスのようなものに、守られている果樹園が多く、
画にするには、ハードルが高い・・・
と、言うのが感想です。
つばさ

ホームページの表紙の写真の白い花は、
農家の方に、「すもも」と教えていただきました。

使うためのデザイン

先日の「情熱大陸」に、水戸岡鋭治さんが出演されておりました。

ラストには、少し 新800系の姿も・・・

↓九州新幹線800系。デビュー当時。
運転席の黄色い点は、添乗している方のヘルメット。
800系

↓その後。
800系
電車は、金属の架線に金属の板を擦り付けて集電するので、
走り続けるうちに、屋根が汚れます。
先頭が鋭く尖った新幹線車両は、おでこの汚れが目立ちがち。

汚れが目立ちにくいよう、計算して、屋根周りの塗り分けがデザインされたと、
何かで読みました。

上の写真は、俯瞰のショットなので、目立ちますが、
ホームの乗客にはほとんど見えない角度です。
「使うためのデザイン」が、こんなところにも。。。

続きを読む

地鉄

富山が目的地でなくても、立山連峰がきれいに見えていると、
素通りできません。

↓富山地方鉄道 下段(しただん)
下段
もと京阪3000系の10030形。
バックは立山連峰で、立山駅は右奥方向です。

↓水鏡になったのは、風が止んだ日暮れ後。
下段
地鉄オリジナルの14760形。
撮影は先月末なので、今は、田植えが進んでいるかもしれません。
この時は、田んぼに、水が引かれ始めている最中でした。

↓角度を変え、木造駅舎と。
下段
無人駅です。
岩峅寺行き。
立山方向に向かって、登りなので、背景が空になり、
白銀の山々は(この写真の)右側で、写りません。

映画の中の世界のようです。
でも、今、次々に行われている不況対策のお金が、
少しでもこっちに回れば・・・と、思いました。

先月末。
桜前線を追いかけて、秋田まで。

しかし、3日間ほど太陽が見えず。
↓羽後境にて
羽後境
跨線橋の窓ガラスに雨が吹き付け、
若干、画像が歪んでいます。
青森の方では、満開の桜に積雪の、荒れ模様の天気でした。

この駅は、在来線(奥羽本線)にとっては行違い施設のある駅。
(民間委託駅)
右側の、秋田新幹線にとっては、行違いのための信号場。
新幹線側には、ホームはありません。

DE10 1759がチキを引いて、秋田の方からやって来ました。
「こまち」の臨時が走る日曜日。
三線軌があって、ダイヤ的に無関係ではないのに、
こういう工臨も走ることに、びっくり。

このあと、ホームの向こう側にやって来た、
秋田行き普通電車に乗車したため、
このDLが「こまち」と、競演したかは不明です。

カレンダー
04 | 2009/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
リンク
プロフィール

Toshi

Author:Toshi
前のblogから引越しさせた記事(2007年8月10日より前)は、時系列になっていません。

本家ホームページはこちら→

最近のコメント

最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
楽天
RSSフィード