ひまわり

遅きに失する記事なのでご注意下さい。
(ここに気付くのが遅すぎまして・・・)

岐阜県大垣市で、休耕田有効利用のため、
ひまわりが、毎年場所を変えて栽培されています。

今年は、東海道新幹線に近い場所、平町。
(花は終わっていますが、墨俣も)

↓左のトラス橋が、揖斐川鉄橋です。(クリックで拡大)
ひまわり
ひまわり畑は、線路の北側。
朝早い時間帯を除き、逆光になります。

白いテントは、地元の方が用意された売店。
日陰と、仮設トイレあり。(もうないかも?)

現地の方によると、12日頃が花の色が一番良かったとのこと。
↓この写真は、17日。
ひまわり

大垣市のホームページの写真の→12日の様子
を見ると、花びらも真ん中も鮮やかな黄色です。

花は、みんな、東~南東を向いていて、
太陽を追うわけではありません。


来年は、別の場所に移動し、
ここがまた、ひまわり畑になることはないそうです。
最新の様子は、大垣市のホームページの→こちらのページで

来年の場所は、まだ未定とのことでした。
いつかまた、沿線にひまわり畑が、
やって来てくれることを祈りつつ・・・

東名阪

高速道路ETC1,000円乗り放題なら、
鉄道会社にも何か公的資金を投入せよ!とか、
どっちがエコか、明白だろ!とか、
書いても良いこのブログだと思いますが、
東京⇔名古屋⇔大阪となると、事情が事情です。

東海道新幹線の場合、すでに容量いっぱいくらいに列車が走っています。

今年のゴールデンウイークの最終日(5月6日)。
新大阪で見ると、19時を過ぎているのに、東京方面の指定席はなし。
(東京 23時過ぎ着の「ひかり」にはありますが・・・)
新大阪
一方、山陽方面はすべて空席あり。
新幹線は「国土の均衡ある発展」とは、無関係のようです。

例えば、運賃が下がっても、東海道に限って言えば、
指定券は手に入らないのではないか・・・
と、いうのが私の予想です。

ビジネスパーソン

特に平日に思いますのが、
新幹線の(たぶん在来線の長距離特急も)
乗客はほとんど全部がビジネス客、
ではないかと言うこと。
福山
「のぞみ」だと、自腹で切符を買っている人を数えた方が、
早いのではないか・・・などと、想像したりしています。

これから数年、新幹線がどんどん延伸しますが、
はたしてその将来は?

誰が、何の目的で利用しているか考えると、
将来が見えてくると思います。

日本海

寝台特急「日本海」。
大阪行きは、京都駅発着時刻が、500系「のぞみ6号」と同じです。
定時運行なら、お互いの姿を車窓に確認できると思います。

↓京都駅在来線ホームにて。
日本海
951着。953発。
↓同じ地点から新幹線ホームを見上げると・・・
500系
翼型パンタ付近。

京都に姿を現さなくなるのは、500系が先のようです・・・

新幹線が見える宿 (番外編)

今回ご紹介しますドーミーインEXPRESS郡山
郡山駅に近く、新幹線の高架が見えますが、撮影には適しません。

郡山
(↑ここは4階。最上階は、新幹線高架と同じ高さくらい)

なぜご紹介かといいますと、大浴場が充実しているからです。
部屋には、十分な大きさの洗い場付きのお風呂がありましたが使わず。

実は、今までの経験で、ビジネスホテル系の大浴場には期待していませんでした。
しかし、こちらは、サウナにも、露天風呂にもテレビ付き。
洗い場も余裕で、スーパー銭湯以上ではないでしょうか。


番外編と言うことで、鉄道は・・・
SL 磐梯会津路→SL 郡山会津路号
郡山
郡山駅の(在来線)跨線橋から。
会津若松から到着したC57が、明日に備えて方向転換。
後で気付いたのですが、転車台は新幹線ホームからも俯瞰できました。

方向転換を終え、炭水車を先頭に右に動き始めたところ。
炭水車に、係りの方が飛び乗ろうとしています。

↓翌朝、会津若松に戻ります。
郡山
右上が新幹線ホーム。

583系「あいづライナー」に乗りたくなるのを我慢しました・・・
あいづライナー
↑前日夕方。

新幹線が見える宿 その9 その2

前回に続きレム秋葉原です。



新幹線は、E3+E2とE4+E4。ともに「なすの」。
在来線は、山手線E231が2本。京浜東北線209・E233が各1本。
中央線はE233が3本写りました。
↓クリックで拡大。
レム秋葉原
エレベータホールの窓ガラスは、
透過性、平面性が素晴らしく、
望遠レンズを使っても、解像度の低下が感じられません。
むしろ、その日の大気の見通しの良さが大事です。

夕・夜景が素晴らしいのは想像できると思います。
しかし、手持ち撮影しか出来ないし、
窓の足元に明るい照明が設置されているので、
ガラスに自分が写り込んでしまい、撮影はムリそうです。

この、神田付近は、東北縦貫線の建設が進むと、
新幹線はその下に隠れてしまうと思います。

E5系が行き交うようになる頃は、風景は一変しているかもしれません。

続きを読む

新幹線が見える宿 その9

新幹線が見える宿。9軒目はレム秋葉原

近年、変化が激しい秋葉原に昨年4月オープン。
駅中央改札からすぐ。
駅に寄り添うように建っている「アキバ・トリム」の
7階から18階部分にあたります。

やはり、「トレインビュープラン」があるのですが、
在来線の総武線が良く見える部屋のこと。

新幹線は、エレベーターホールからよく見えるので、
西側の部屋がベター程度で、どの部屋でも問題ありません。

西側の部屋は、新幹線もぎりぎり見え、
京浜東北+山手+総武+新幹線の走行音が、
少し聞こえます。

ホテル内、エレベータ横の広い窓から。
雲が絶妙だったので、偏光(PL)フィルターを使用。
↓クリックで拡大。
レム秋葉原
E2系の隣は、留置中の常磐快速電車。

この地点から、東北縦貫線が新幹線の上(奥・東京方向)へ、
延びて行くとすれば、工事の本格化と共に、
風景は変化しそうです。

左下に少しクレーンが写っていますが、
ビルの建設中で、こちらも少し気になります。

次回へ、つづく・・・

トレインビュー

以前「ビジネスホテル 稲穂」の紹介記事で、
名古屋マリオットアソシアホテル」からも新幹線が見えるかも・・・
と、書きました。

この夏は、「新幹線パノラマファミリー宿泊プラン【新幹線グッズプレゼント】」が、
設定されておりますので、やっぱり(部屋に限りがありますが)
見えるのは間違いないようです。
サイトに電車が見える様子の写真がないのが残念・・・

電車が見える宿泊プランは、
最近、一気に全国的に広まった感があります。

名古屋駅前でも他に、「名鉄グランドホテル」に、
「JR名古屋駅パノラマサイド宿泊プラン 」をみつけました。
こちらはサイトに写真あり。
「パノラマ」のネーミングが名古屋らしい・・・?

ということで、今回は実際に泊まったわけではないのですが、
自分以外にも、電車を見る(写真を撮る)動機で、
宿を選ぶ人が少なからず居る・・・ことが、はっきりして安心。

新幹線が見える宿 その8の2回目

以前ご紹介させていただいた、ホテルメッツ田端
またまた、お世話になりました。
記事は2回目ですが、宿泊は(確か・・・)3回目です。



いつも、楽天トラベルで予約していますが、
申し込み時に、希望を書ける欄があります。

「可能な限り上層階希望」を記入しておりましたが、
今回は、上層階で、かつ、車両基地(車庫)が最も見えやすい部屋を、
用意していただけました。
(必ずしも希望が叶うわけではありません、念のため)

↓クリックで拡大。
ホテルメッツ田端
早起きしないと、電車はどんどんお仕事に出てしまいます・・・

最近、トレインビューをプランに組んだホテルが増えました。
ホテルメッツ田端も、トレインビュープランが用意されています。

「貨物列車ビュー」プランは、新幹線は高架の防音壁で
ほとんど見えないと思います。(車庫を出る列車は目の高さかも?)
(未確認です)

新幹線が目的なら「新幹線ビュー」プランを選びましょう。

大人気

今年もあります、ポケモンラッピング。

記念写真は楽しく撮りましょう・・・
郡山
1両ごとに違うラッピングの前で、それぞれ、
見ているこちらも楽しくなるポーズを決めておられました。

出来上がった写真は、一生の思い出になるのではないでしょうか。

↓こちらは、500系狙いでお見えのようでした。
500系
晴れていれば・・・と、思うのですが、
夏場は、日陰が無く、暑すぎて、
ゆっくり新幹線見物は、ハードかもしれません。

新幹線車両基地公開イベントは、大盛況。
↓新幹線の車輪。左が整備前、右が整備後です。
仙台
仙台の「新幹線車両基地まつり」にて。
触って確かめたくなるほど、ピカピカツルツルに、
表面を薄く削って仕上げられています。
(右の踏面は指紋だらけですが、本来はヘアライン状の輝きを見せています)
カレンダー
07 | 2009/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
リンク
プロフィール

Toshi

Author:Toshi
前のblogから引越しさせた記事(2007年8月10日より前)は、時系列になっていません。

本家ホームページはこちら→

最近のコメント

最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
楽天
RSSフィード