ボンドは新幹線に乗るか?

映画「インセプション」を見てきました。
新幹線が登場します。

700系は、おそらく富士川鉄橋を渡っているところ、
500系は、700系か300系(BD化されたら確認します・・・)
と、すれ違っています。

渡辺謙 演じるサイトーが、大企業の実力者で、
新幹線で移動中、ディカプリオたちも乗車しています。

車内はセット撮影で、ストーリーの設定上、人目に触れない個室仕様です。
e3
映画内のヘッドレストカバーには、「JR」の文字が見えます。
(この写真は、E3系2000番台。映画とは関係ありません)

最近、新幹線を海外に売り込む話題が多く、
自分が気になっているのが、車内のゆとり。

日本の新幹線は、生い立ち上、
「輸送力の限界に来た在来線のバイパス」の、性格が強く、
超満員の通勤電車に毎日揺られている日本人には、
2+3の座席配置もごく普通・・・
では、海外車両と比較して、少々夢がない気がします。

で、タイトルの話題ですが、
007のロケに、新幹線がふさわしいか?

答えは、
今のところ、ジェームズ・ボンドが座って足を組む広ささえありません・・・
だと、思います。

続きを読む

新幹線が見える宿 その10

新幹線が見える宿。
10軒目は、アパヴィラホテル<仙台駅五橋>

仙台駅から、徒歩約8分。

じつは、こちらには「新幹線眺望確約プラン」があります。

しかし今回は、飛行機と宿の組み合わせの、
楽天トラベルのANA楽パック(航空券+宿泊)を、
利用したため、そのプランは選択できず、
チェックインまで新幹線が見えるか、分かりませんでした。

着いてみると、東北新幹線の高架に最も近い、建物の角に近い部屋。

ホテルの建物は、カタカナの「コ」の字形で、タテの棒にあたる部分が、
仙台駅ホームの方を向いていますが、自分の部屋はその反対方向が見えました。
仙台
12階の部屋で、朝10時撮影。

朝早くは、高層マンションの影と、ホテルの窓ガラスの反射光が列車に当たり、
きれいに撮れませんでした。
逆に、冬、日の出の方向が変わると、逆光でかっこいい画が撮れるのかも?

また、「高層階確約プラン」に使われている写真のように、
もっと高層階の部屋なら、ダイナミックな画がモノに出来るのかもしれません。

続きを読む

カシオペア

世代交代が始まり、過去の写真になってしまうようなので・・・

ちゃんと新幹線も写っています。
新幹線の高架の上に、E2系のパンタカバーが見えると思います・・・
(苦しい)
カシオペア
クリックで拡大します。
2005年5月撮影。

多重露光

「多重露光」とは、フィルムカメラで言えば、
フイルムを巻き上げずに、何度かシャッターを切ること。
花火撮影には欠かせないテクニックです。

デジタルカメラでは、対応する機種は限られるようで、
今のメイン機(Canon EOS 7D)は対応していません。

ホタルを撮影しようとして、それに初めて気づきました。
ホタル
6月の米原市「天の川ほたるまつり」期間中に撮影。
クリックで拡大します。

30秒露光4回分にあたります。
一度に、これだけのホタルが飛ぶのではありません。
(Photoshopで合成)

水平に走る光跡は、東海道新幹線。

続きを読む

カレンダー
06 | 2010/07 | 08
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
リンク
プロフィール

Toshi

Author:Toshi
前のblogから引越しさせた記事(2007年8月10日より前)は、時系列になっていません。

本家ホームページはこちら→

最近のコメント

最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
楽天
RSSフィード