新大阪駅近況

今の新大阪駅は、新幹線改札内では大きな変化はなく、
在来線ホームや2階の商業施設が、別の駅になったように変化しています。

山陽・九州新幹線専用ホームの20番線から、在来線ホームを俯瞰します。
新大阪
オーシャンアロー編成の「くろしお」が到着。
ここから国鉄型特急が見える期間も、あとわずかです。

今の日没方向は、車体が輝いて見える方向です。
新大阪
25・26番線ホーム。

変わらない風景、、、と、思いましたが、女性運転士さん同士の引継ぎは、初めて見た気がします。
新大阪
あまり待たずとも見ることが出来るようになった、N700Aです。

新幹線改札内の車の展示は、「ハスラー」のままですが、
在来線改札内の展示車は、「キャスト」になっています。
新大阪

大阪駅近況

10月は、晴天が続きました。
この季節の夕陽は、大屋根の内側を照らします。
大阪駅

時空(とき)の広場の夕方5時頃は、こんな感じ。
大阪駅
10月17日の撮影で、フラワーアートミュージアム2015が開催中でした。

京都方向を見下ろすと、もう少し夜の感じです。
大阪駅

神戸方に移動すると、夕日が沈むところです。
大阪駅
停車時間が十分あるので、入線と発車が撮影可能。ガラス越しの撮影なので、映り込み対策が必要です。

千種川

秋が深まると発生しやすくなる、朝の霧。

山陽新幹線千種川の橋梁付近も、よく見られます。
千種川
上りの始発が通過する6時過ぎから1時間ほど粘りましたが、
霧が濃すぎて、列車がほぼ確認できません。
「天空の城」の撮影でいえば、霧の雲海の上ではなく、ミルクみたいな霧の中にいる状態です。

ほぼ快晴で、無風という条件が重なり、一向に霧は晴れそうになく、
あきらめて移動しました。

夕方に戻ってみると、夕日が沈む方向は理想的でした。
が、日が沈むと、対岸の道路を走る車のヘッドライトが、川面に映りこみます
千種川
護岸工事の関係でしょうか。
以前は、立ち位置を考えれば余計な光は映らなかったと、思うのですが…。

福井駅&新福井駅

えちぜん鉄道の福井駅と新福井駅は、9月27日に、建設中の北陸新幹線の高架上へ移転しました。

写っているのは、(たぶん)新幹線になった夢を見ている、パン下げで留置中の電車です。
えちぜん鉄道
えち鉄駅ホームは、少し奥にあります。

駅前のビル「AOSSA」からの俯瞰。
えちぜん鉄道
停車中の右の電車が、勝山永平寺線。左は留置車両。

駅のホームから終端の方向。
右が三国港行き、中央は留置車。
えちぜん鉄道
高架が途切れる寸前まで線路があって、そこが留置スペースになっています。

新福井駅の方向を見ると、新幹線の高架という感じが良くわかるかと思います。
えちぜん鉄道
雪に備えてか、路盤が一段高い貯雪式になっているように見えます。

隣の、新福井駅は、わずか500メートル隣の駅。
続きます。。。

続きを読む

カレンダー
09 | 2015/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
リンク
プロフィール

Toshi

Author:Toshi
前のblogから引越しさせた記事(2007年8月10日より前)は、時系列になっていません。

本家ホームページはこちら→

最近のコメント

最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
楽天
RSSフィード