FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新幹線最前線2010

鉄道ファン 12月号の特集は「新幹線最前線2010」です。
私の写真も使っていただいています。
ぜひご覧になって下さい。


いつも通り、写真印刷が素晴らしく、
以前ご紹介した「レム秋葉原」からの俯瞰写真は、
自分の写真ではありますが、隅々まで観察してしまいました。

今のデジタル一眼レフは、「135ミリの皮を被ったブローニーカメラ」、と、
思っていますが、素晴らしい色調&解像感です。

先月は、「大手私鉄のフラッグシップエクスプレス」特集でした。
そちらも、私の写真を使っていただいております。
あわせてどうぞ。

コメント

非公開コメント

有楽町まで...

こんばんは。
RF誌の写真、拝見しました。
有楽町まで見渡せて...改めてビックリしてました。

デジカメの進歩も目覚ましいですから、これからもっとビックリする写真が撮れそうですね。
でも、目の方が追いつかないですかね...??

見えないものまで

虎様、こんばんは。
確かに、目で見ているのを越えてますねぇ。
夜の高感度撮影とかも、こんなに写るのか、と・・・
どこまで進歩するのやら・・・
ありがたい話ですが。

見ましたよ~鉄道ファン。
秋葉原の俯瞰写真、すごいすね~~!!
こんなに大きく載ってると迫力あります。
行ったことあるところだけに、ここがあのビルで、
あっちはあの店でみたいな感じで楽しいです。

拝見しました

初めてコメントさせていただきます。

先月に引き続き、今月のRF誌も拝見いたしました。隅々まで丁寧に撮影された写真だけに、1ページ丸ごとの大きなサイズでもじっくり鑑賞を楽しむことができますね。
カーブの多い線形はいかにも東京らしく、400系が残っているうちに一度はレム秋葉原を訪問したいと感じました。

はるか向うでも

zakky様、こんばんは。
遠くの道を歩いている人も、
ちゃんと写っているのを見て、
自分もどこで被写体になるか、
予想つかない すごい時代だなぁ、と、
思ってしまいました。

窓ガラス

Mr.ASIA様、こんばんは。
ホテルの窓ガラスの平面性・透明度が高いのと、
RAWデータから印刷データまでのマネージメントが素晴らしい、
RF誌ならではの刷り上りだと思います。

ところで、私の思い違いでなければ、
すでに誌上で共演させて頂いていると思います。
また、こちらの方へもぜひお越し下さい。
カレンダー
03 | 2019/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
リンク
プロフィール

Toshi

Author:Toshi
前のblogから引越しさせた記事(2007年8月10日より前)は、時系列になっていません。

本家ホームページはこちら→

最近のコメント

最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
楽天
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。