多重露光

「多重露光」とは、フィルムカメラで言えば、
フイルムを巻き上げずに、何度かシャッターを切ること。
花火撮影には欠かせないテクニックです。

デジタルカメラでは、対応する機種は限られるようで、
今のメイン機(Canon EOS 7D)は対応していません。

ホタルを撮影しようとして、それに初めて気づきました。
ホタル
6月の米原市「天の川ほたるまつり」期間中に撮影。
クリックで拡大します。

30秒露光4回分にあたります。
一度に、これだけのホタルが飛ぶのではありません。
(Photoshopで合成)

水平に走る光跡は、東海道新幹線。
ここは、ホタルの保護対象地域で、
ほぼ真っ暗。
見物客でいっぱいですが、皆さん心得ているので、
フラッシュは光りません。

しばらく見物していると、500m以上は離れているグランドの照明が、
眩しく感じるようになるのですが、
僅かな光りも捉えるデジカメでは、
ゴーストまで出ています。

残念ながら、東海道新幹線より向こうは、
全国どこにでもある、コンクリートで固められた川になるため、
ホタルはいません。

話は大きく変わりますが、
フイルムカメラの EOS 5 には、「予約多重」という機能がありました。
那岐
タブレットキャッチを、高速連写で多重露光。(94年7月撮影)
4回露光するつもりなら、1/4の露出で連写します。

急行「砂丘」は、タブレットキャッチャーを使わず、
通過しながら腕で取るという、スリリングなシーンを、
毎日展開していました。

デジタルカメラでも、夜間なら、バルブ撮影で、
レンズの前を遮光すれば、いくらでも多重露光可能ですが、
機能として付いていれば・・・やっぱり楽ですよねぇ。

コメント

非公開コメント

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
リンク
プロフィール

Toshi

Author:Toshi
前のblogから引越しさせた記事(2007年8月10日より前)は、時系列になっていません。

本家ホームページはこちら→

最近のコメント

最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
楽天
RSSフィード