インセプション

映画「インセプション」のBD・DVDが発売になりました。

700系が走っているトラス鉄橋は、やはり、
7月の劇場公開時の予想通り、富士川鉄橋だと思います。
線路の反対から撮影すると、バックは富士山になるはずですが、
雲に隠れていたのでしょうか?

500系とすれ違っているのは、300系です。
場所は、東海道ですが、詳しくは分かりませんでした。
静岡県??

車内は、映画用オリジナル設定のコンパートメントですが、
セット製作用に、日本の鉄道車両メーカーから、
部品を取り寄せたのではないかと思うほど、よく出来ています。

また、ディカプリオが去ってゆく、通路の奥にチラッと見える、
車掌のシルエットも正確です。
(コマ送りしないと分かりませんが・・・)

映画の内容は書きませんが、劇場でIMAX版と通常版を1回ずつ、
BDはすでに2回見ました。
素晴らしいです。


ここで、鉄道が描かれているお薦めの映画を二つ。

「身代金を、厚さ7センチ以下の鞄に入れ、明日の第2こだまに乗れ。」
で、有名な黒澤作品「天国と地獄」

「こだま」は、在来線特急の時代でモノクロ作品。
江ノ電が、ポール集電であったことが、犯人の手がかりに・・・

寅さんシリーズで、函館本線のD51が描かれる
第5作 望郷編

小樽築港から小沢まで、D51 27が引く貨物列車を、
寅さんがタクシーで追いかけます。
鉄道ファンなら、上記2作品は必ず見ておきたい、映画です。

コメント

非公開コメント

球形の荒野

こんばんは。
映画やドラマを見ていると、出てくる光景はいろいろと気になりますね。
最近は時代考証のこともあり、なかなか大変だョなぁと思います。

先日フジテレビ系で松本清張の「球形の荒野」というドラマが放映されていましたが...
関西ロケが多かったようで、弁天町で撮ったであろう光景も数多くありました。

まぁ、80系電車の後にCGの153系を見かけた時には...
「まぁ、仕方がないか」と思いましたが。

一番ビックリしたのは、但馬空港に置かれているYS-11の機内でロケしていたことでしょうか?

ロケ

虎様、こんばんは。
それで思い出しましたが、確か「華麗なる~」で、
弁天町の0系が、ロケに使われていましたよね。

「天国と地獄」も「男はつらいよ」も、
今の環境では考えられない場所に、
カメラを据え付けていたりして・・・
今後は、よほどのことがないと、
これらを超える映像は誕生しないのでは?と、
思います。
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
リンク
プロフィール

Toshi

Author:Toshi
前のblogから引越しさせた記事(2007年8月10日より前)は、時系列になっていません。

本家ホームページはこちら→

最近のコメント

最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
楽天
RSSフィード