JR大阪駅近況

JR大阪駅は、グランドオープンのときに、
ホーム直上の屋根が一部なくなる予定でしたが、まだそのままです。

詳しい事情は、
→asahi.comの記事「JR大阪駅、古い屋根外せず 新装大屋根、雨吹き込む」
を、参照してください。

風に乗ってくる雨粒を、感じる日は確かにあります。
↓この日は、前照灯に照らされる雨粒が写りました。
大阪駅
時空(とき)の広場から。(写真は拡大します。5月下旬撮影))

今まで、水滴しか体験したことがなっかたのですが、
先週は、ホームが一部、濡れているのを見ました。
大阪駅
時空の広場から、ガラス壁についた、水滴がわかるように撮影。
上の記事にある、8番ホームが見えています。

私は、これくらいの水滴は平気なので、
屋根がないほうが、良いと思います。
濡れて困るものを持って、列車を待つときは、
少し心配かもしれませんが・・・

話しは違いますが、新幹線の駅といえども、
屋根がない部分がある駅は、結構あります。
西明石
これは、西明石。

最近出来る、整備新幹線の駅は、
屋根はあるけど、ホームの幅は、
必要最小限の幅に作られています。

コメント

非公開コメント

なるほど~確かにこの高さだと雨が吹き込んでくるんでしょうね…。
でも古い屋根はないほうが開放感がありますよね。
そういや近所の武蔵野線の駅も部分的に屋根無しホームが何カ所かあります。
雨降ってる時は当然傘をさして待ちます(笑

zakky様、こんばんは。
大屋根の下に当たる所だけ、透明な屋根にするとか、
雨の日だけ伸びてくる、帆のような屋根があったら、
駅はさらにかっこよくなるなぁと、夢想しています。
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
リンク
プロフィール

Toshi

Author:Toshi
前のblogから引越しさせた記事(2007年8月10日より前)は、時系列になっていません。

本家ホームページはこちら→

最近のコメント

最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
楽天
RSSフィード