今年最後の記事は、ボヤキです。

九州新幹線西九州ルート(長崎新幹線)は、
この年末に、フル規格に計画変更された区間があり、
事業費が1300億円増えて、5000億円になるのに、
博多~長崎の所要時間は、1分増えるとか・・・???
謎です。

未だ実用化されていない、「GCT」は、博多~新鳥栖の坂を
高速で登り降りするのは、苦労するでしょうねぇ。
つばめ
「つばめ」車内にて。
35‰(パーミル)の勾配は、カーブしているので、ご覧の通りのカント。
い草暖簾(のれん)の傾きでわかると思います。

数年前、通勤電車の中で、偶然聞こえてきた、
長崎新幹線(当時)に関する、おばちゃんたちの会話。
「10分か20分の短縮なら、早起きしたらええやん・・・」

噴出しそうになりましたが、かなりいいポイントを突いていると思います。

最後に、
地元では敬愛をこめて「誠ステーション」と、呼ばれるらしい、
筑後船小屋駅から、周囲を囲む公園の画像を。
筑後船小屋

コメント

非公開コメント

Toshiさん、本年も宜しくお願いいたします。

九州新幹線西九州ルートは武雄温泉~長崎でフル規格で建設ということで計画変更されましたが、長崎本線・佐世保線の新鳥栖~武雄温泉は今のところミニ新幹線みたいに改軌や三線軌条にするということはなさそうですね。

自分としては西九州ルートが開通するのなら山陽新幹線新大阪まで直通させてもらいたいと思うのですが、JR西日本はレールを傷めるということ等もあり、現段階ではフリーゲージトレインの直通は困難と言ってますね。

どこまで台車が軽量化できるのか今後の発展に期待したいです。

シン様、こちらこそ今年もよろしくお願いします。

GCTは、四国で昼間の試験走行も、
行われるようになったようですね。
でもまだ、実用化されていない・・・

従来のパーターンの流れだと、
全線フル規格に計画変更になる、
パターンです。

この予想は、当たって欲しくないです。

明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願い致します。
長崎ルート、確かに10分20分程度の短縮なら現状のままで良いと思ってしまいますねぇ。1時間近く短縮されるのなら効果があるとは思いますが、そこまで利用客がいるのかも疑問ですし・・・。何だか我田印鉄が未だあるみたいですね^_^;
ミニ新幹線でも十分効果があるのは山形・秋田で判るはずなのに。

wisteria様、明けましておめでとうございます。

そう言えば、新在直通新幹線は、
今年7月で20周年を迎えますね。
片や、試験段階のGCT。
一方、20年の実績と、
まもなく300キロオーバーが実現する、新在直通車両。

趣味的にも、山陽・長崎 新在直通新幹線を
見てみたい気持ちで、いっぱいです・・・
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
リンク
プロフィール

Toshi

Author:Toshi
前のblogから引越しさせた記事(2007年8月10日より前)は、時系列になっていません。

本家ホームページはこちら→

最近のコメント

最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
楽天
RSSフィード