FC2ブログ

3月11日

BSの「にっぽん鉄道写真の旅4~希望・三陸編~」の中の、
三陸鉄道社長と中井カメラマンのお話を聞いていて、
思い出したのですが・・・

やはり、被災地に行くのは不謹慎なのではないか・・・と、
思いがちでありますが、実は、逆なのだと。

E6系の在来線試運転を撮影中、
真夜中、極寒の駅で、自分と同様に撮影しておられる、
地元の方と偶然お会いしました。

遠いところ(1,000キロほど)から撮影に来たことをお伝えすると、
お礼の言葉をいただきました。
E6系

やはり、自分の地元に、全国から人がやってくるのは、
基本的にうれしいことなんです。

コメント

非公開コメント

こんにちは。

自分は岩手在住の人間ですが、被災地に行くこと自体は別に問題ないと思います。
それに、被災地でその地域の名産品などを買ったりしてお金を落とせば地元経済の回復にもつながりますし。

問題なのは、行く目的や動機が物珍しさだとか明らかな興味本位である場合です。
そういう思いが少しでもあるなら被災者の方の感情を考えると行くべきではない、と私は思います。

ロック様、こんばんは。
その通りですね。
三鉄社長が、「ぜひ来て欲しい」と、番組で語られていた理由は、
ひとつに、被害状況を自分の目で見て欲しいということ。
もうひとつは、人が動かないと、地域に活力が生まれない、ということでした。
カレンダー
05 | 2019/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
リンク
プロフィール

Toshi

Author:Toshi
前のblogから引越しさせた記事(2007年8月10日より前)は、時系列になっていません。

本家ホームページはこちら→

最近のコメント

最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
楽天
RSSフィード