京都鉄道博物館

2016年春オープン予定の京都鉄道博物館。
化粧直しをした0系(21型1号車)が運び込まれています。
京都鉄道博物館
7月2日の撮影。完成予想イラストと向きが違い、傍にクレーン車があるので、
向きを変える作業があるのではないでしょうか。

梅小路蒸気機関車館との位置関係は、正面入り口の右手、奥の方です。
京都鉄道博物館
左下の緑の奥が、蒸気機関車館の入口。
高架を行く381「きのさき」は、4両編成の1パン上げ。
右下にチラッと0系が見えています。(写真は拡大します)

8月30日閉館予定の、梅小路蒸気機関車館。
京都鉄道博物館
この写真は6月26日の撮影。
記念撮影用のフォトプロップス?が用意されています。

スチーム号は、C62 2が担当中。
京都鉄道博物館
ビデオからの切り出し画像です。

「SL北びわこ」や「SLやまぐち」で、現役のC56 160が、ピカピカになって展示中。
京都鉄道博物館
磨きこんでおられた方によると、本線復帰の際は、
2日ほどかけてボイラの圧を上げていくそうです。
京都鉄道博物館
今は、近づいても火の温かさを感じるわけではありません。
床の白い布は、油受けのため。

コメント

非公開コメント

No title

今晩は、夜分遅くに失礼致します。来年ですが、京都の鉄道博物館の完成が楽しみです。

No title

こんばんは。

来年は、大変な賑わいになるでしょうね。
蒸気機関車館は、平日の夕方とかは、遠足の子供たちも帰ってしまい、
とても静かで、それはそれで好きだったんですけど。
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
リンク
プロフィール

Toshi

Author:Toshi
前のblogから引越しさせた記事(2007年8月10日より前)は、時系列になっていません。

本家ホームページはこちら→

最近のコメント

最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
楽天
RSSフィード