千種川

秋が深まると発生しやすくなる、朝の霧。

山陽新幹線千種川の橋梁付近も、よく見られます。
千種川
上りの始発が通過する6時過ぎから1時間ほど粘りましたが、
霧が濃すぎて、列車がほぼ確認できません。
「天空の城」の撮影でいえば、霧の雲海の上ではなく、ミルクみたいな霧の中にいる状態です。

ほぼ快晴で、無風という条件が重なり、一向に霧は晴れそうになく、
あきらめて移動しました。

夕方に戻ってみると、夕日が沈む方向は理想的でした。
が、日が沈むと、対岸の道路を走る車のヘッドライトが、川面に映りこみます
千種川
護岸工事の関係でしょうか。
以前は、立ち位置を考えれば余計な光は映らなかったと、思うのですが…。

コメント

非公開コメント

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
リンク
プロフィール

Toshi

Author:Toshi
前のblogから引越しさせた記事(2007年8月10日より前)は、時系列になっていません。

本家ホームページはこちら→

最近のコメント

最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
楽天
RSSフィード