キヤノン EF500mm F4L IS USM

キヤノン EF500mm F4L IS USM を投入しました。



500系の運用減少と共に、平常心を失いかけており、
新しいレンズとカメラボディーへの投資額は過去最高です。

三脚を使用しない撮影スタイルを貫くため、ぎりぎり手持ち撮影できる重さと思って、
これにしました。

エクステンダーの旧タイプ(IIでない)1.4Xと40Dの組み合わせでも、快適に動作しています。

撮り方にもよりますが、AIサーボのAFで連写でも、合焦率は高いです。
ピントに影響するのは、おもに、線路から立ち昇る陽炎や、大気の透明度と言えるでしょう。

新幹線の先頭はつるつるに平滑化されており、合焦しないケースもまれにあります。
でも、何枚も連写して全てのコマでピントが合っていることがあり、「レンズが撮ってくれている」みたいです。
N700

コメント

非公開コメント

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
リンク
プロフィール

Toshi

Author:Toshi
前のblogから引越しさせた記事(2007年8月10日より前)は、時系列になっていません。

本家ホームページはこちら→

最近のコメント

最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
楽天
RSSフィード