DPP 3.2

キヤノンデジタル一眼レフ付属RAW現像ソフトのデジタルフォトプロフェッショナル(DPP)
バージョン3.2に、レンズ収差補正機能が追加されました。

RAW画像が補正可能で、JPEGは不可です。
対象になっているレンズと、カメラボディーは→こちら

アナログでは考えられない、レンズ収差の無い画像を得ることが可能です。
EF-S 17-55mm F2.8 IS USMで、試してみました。
EF-S 17-55mm F2.8 IS USM
ノートリ画面の、天をカットした画像です。
比較しやすいように、レールに沿って赤線を引いてあります。
下が補正後で、糸巻き型の歪曲収差が補正されています。
開放から2段以上絞っていますが、こうやって周辺減光の補正をかけると、効果があることも分かります。

直線が多い鉄道写真には、非常に強い味方と言えるのではないでしょうか。
残念なことに、過去に遡って20Dで撮影した画像を補正することはできません。

コメント

非公開コメント

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
リンク
プロフィール

Toshi

Author:Toshi
前のblogから引越しさせた記事(2007年8月10日より前)は、時系列になっていません。

本家ホームページはこちら→

最近のコメント

最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
楽天
RSSフィード